« 誰もいない客席 | トップページ | そして昨日。 »

2009年5月25日 (月)

ジャンプ(26号)感想

昨日、朗読劇の差し入れにジャンプいただきました(゚▽゚*)

『私、自分の世界行くんで邪魔しないで!!』とか言ってました、うん、冗談でだよ、冗談で。

でも結局、昨日はワンピース(3回)しか読んで無いー。
他は今日読んだー。

以下は主にワンピースのネタバレ感想です。

ONE PIECE 第543話“麦わらと黒ひげ”

銀魂、べるぜバブ、アイシーも一言。

アイシー

昨日もちょっと言ってたんだけどそろそろ終わりそうだよね(>_<)
特に今週は、今までいろんな人のいろんなエピソードをえがいていたのがセナ君に収束してきた感じがして、終わりそうな気がした。
まぁ、たぶん進くん戻ったりすると思ってるので、試合自体はもうちょっとかかると思うけど……
330話ってことは7年近いってことだよなぁなんて計算をちょっとしてしまいました。

べるぜバブ

最近の、ワンピースに次ぐお気に入り、べるぜバブ(笑)。
葵姐さん、かっこいい!!
今週はバブがあんまいなかった。
ってゆか男鹿くんもあんまいなかったね(笑)。
邦枝さんはわかると思うんだけどね、男鹿くんは、邦枝さんと公園の人が同一人物ってわかるの??
私はきっと気づかない……

銀魂

来週以降も月詠さん出てくるんだ(笑)?
月詠さんは名前も見た目も中身も好きなので嬉しい~♪

ジライアっていう、忍の時には実態のわからない化け物でも、
段蔵っていう、一人の人間の時には悲しい過去とか葛藤とかいろいろ背負っているんだね。
忍者って、どんなドラマでもマンガでも絶対悲しいエピソードを持っていると思う……
……ハットリくんってどんな話だったっけ?
電車のキップどこにしまったか覚えててくれるってのしか覚えてないよ;;

ワンピース

今週、タイトルからわかるように中身がすごく濃いんだけどさ。
話が急展開な感じなんだけどさ。

一番驚いたのは扉絵連載ですよね!?
みんなそうですよね!?

というわけで、

≪扉絵≫

タイトルより先にこの必死の形相が目に入るからさ、まだ1ページマンガシリーズ続いてるんだっけくらいの感覚で笑ってたんだけど(笑)。

サンジくんお気を確かにシリーズが始まるの(笑)!?

まさか麦わら一味が扉絵連載になる日が来ようとは。

って。

あの。

……そういうことですか?

本編はこのあともずっとルフィを追うので扉絵で他のメンバーの動向をやるってことですか?

それは全然構わないというか、むしろ面白そうなんだけど、え、だって扉絵連載って1つのシリーズに1年かかったりするんだよ?
他8人を1年ずつやったら8年……いや、さすがにそれは無いでしょうけれど(笑)。
8年間ゾロが本編出てこなかったら泣きます、さすがに。

後ろにイワさんの絵があるねー!!

≪本編≫

上からも下からも大変だのう、インペルダウン。

やっぱり黒ひげの目的がわからない。
こんなすぐに反旗を翻すなら、なんのために七武海になったの。
なんのために兄ちゃん突き出したの……
ラストに黒ひげが現れるってことはシリュウさんはやられちゃったの?それとも黒ひげがわについたりしたの?

あ。

気づいたら普通にワンピース読んでた、2回読み終わってた(笑)。

イワさんは男になったり女になったり出来るのね……
ってのと、
ハンニャバルはかっこいいと言えばいいのか可愛いと言えばいいのかわからない(笑)
ってのと。

あぁでも、今週のを見て、やっぱりハンニャバルも『正義』のがわの人なんだって思いました。
曲った太刀筋大嫌いの大佐、えぇっと、Tボーン大佐だ。
Tボーン大佐と同じことを言ってるよね。
海賊は悪で、悪をのさばらせてしまったら一般庶民が怖い思いをして、だから自分たちが守るんだって。
ロングリングロングランドで青キジと戦ったときに初めてちゃんと認識した気がするんだけど、ルフィたちは海賊で、もし私がこの世界の住人だったら『ルフィが悪者、海軍(政府)は味方』なんだよね。
別に普段はそんな小難しいこと考えて読んでるわけじゃないんだけど、たまにこういう『反対側からの視点』を見るとはっとする。
で、ケムリンがアラバスタで言ってたような“お前の(それぞれの)正義”ってのが思い浮かんで、今回まさにそのセリフを言ってる黒ひげさんにもはっとするんですが。
はっとするんですが……

やっぱ悪者なのかなぁ。
あ、うん、正義とか悪とかくだらないそうですが(笑)。
『ルフィから見て“完全な敵”』なのかなぁ。

ジャヤでは私は好印象だったんですー。
ルフィを認めてくれたから。
ベラミーたちに殴られっぱなしで悔しかったときに、ルフィたちが勝ちだって言ってくれたから。
見開き1ページでの人の夢は終わらねェも好きだったし。

でも今週のセリフがわざとルフィを怒らせようとしているのでなければ、やっぱ嫌なこと言ってるよね。

黒ひげってなんなんだろう。
ここに来た目的もわかんないけど、それは黒ひげ自身のことがさっぱりわからないからってのもあると思う。
ルフィと因縁あって、エースと因縁あって、白ひげと因縁あって、シャンクスと因縁あって。
人の倍は生きてるとか、あいつ“ら”とか、よく複数で表現されてて。
モデルになってる史実のエドワード・ティーチって有名な人だし、マンガでもたぶんすごく重要なキャラクターなんだと思うんだよね。
その、“黒ひげ”と“麦わら”がタイトルになってる今週号は、ものすごく節目な気がするのです。

……そして今さらだけど、先週のタイトル、どれが“もう一つ”に当たるのかがよくわかってないのです。
マリンフォードの海軍vs白ひげの裏で、インペルダウンでもひと悶着あったと語られるよってこと??

|
|

« 誰もいない客席 | トップページ | そして昨日。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ジャンプ感想」カテゴリの記事

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/29789605

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ(26号)感想:

» 週刊少年ジャンプ2009年26号 [ProjectLily@ブログ]
週刊少年ジャンプ2009年26号読みました。「めだかボックス」のやる気のなさにションボリ。新キャラ追加とか長期への転向を見せて欲しかったのにこのままズルズルやる気みたいですね… ワンピさてそろそろ飽きてきましたよというか少しずつまた下りに入って来てますね今後はまたしばらく待たされる回が続いていくんだろうな。アイシルセナが出てくるとテンションが下がるのはなんでなんだぜwまぁもはや...... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 09時56分

« 誰もいない客席 | トップページ | そして昨日。 »