« 時が走るよ十二月 | トップページ | 眠い…… »

2008年12月21日 (日)

篤姫

終わっちゃったね〜!!
昨日は帰ってからフィギュアのエキシビと篤姫を。

篤姫ね、実は最近は1ヶ月に1回見てるかどうかくらいのペースだったんだけど(・・A;)
その時間に家にいないと、録画はしてあってもなかなか見ない……
でも面白かったな〜。

最終回を見て思ったのが、帯刀も主人公だったんだなと。
幼馴染み二人が、それぞれに一本道を歩んだ話なんだなと。

私的、篤姫が面白かった理由は2つ。
一つはキャスト(笑)。
登場するより前から楽しみにしてた人がいっぱいいた。北大路欣也から玉木宏まで(笑)。
もう一つは篤姫の前向きさ。どんな困難があっても、この人なら乗り越えてくれるって安心感があって。

篤姫だけじゃなく、全体的に優しい気持ちになれる展開が多かったと思う。
たとえば帯刀の死も、ウィキで見たら『お琴が看取った』としか書かれてなかったけど、大河ではお近さんもいて。
あの展開は、逆にお琴さんが可哀想だ〜とは思ったけど、でもね、『直五郎はずっとおかつが好き』と思ってて、子供にも恵まれなくて、故郷でずっと一人で待ち続けてる間に側室と子どもが出来てて、って可哀想だと思って。
お近さんも大切にされて、信頼されてたんだって、最後にちゃんと伝わってよかったなーと。

にしても、当時の政治家たちはすごい決断をしたよね。
士農工商の撤廃や廃藩置県なんて、国の作りそのものを覆すような。
だからこそ、反発する人が組織内外にいっぱいいるわけだけど。
西南戦争は西郷隆盛が負けるために起こした戦いってのを読んだことあるけど、妙に納得した。戦って負けた方が、本人たちも傍観者もすっきりしたんだろうなって。

今の政治とつい比べてしまった。
このくらい、己の信念をかけてる人って、どのくらいいるのかなぁ。

ってのは、あつひめ最終回が『昨日』だった時に打ってた文章。忘れてた(笑)。

|
|

« 時が走るよ十二月 | トップページ | 眠い…… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

篤姫面白かったです。

私は宮崎あおい目当てで見始めたのですが、他のキャストもみんな魅力的でした。
篤姫も小松帯刀の瑛太も年を経るにつれだんだんと貫禄が出てきて、うまく演じてましたね。
「全体に優しい気持ちになれる展開」ていうのは、なるほどですね。血なまぐさい事件がいろいろあったけど、人と人の友情とか信頼とかが前面に出ていたように思うし。

テーマ曲も割と気に入った。
大河ドラマのテーマ曲で一番好きなのは、花神(かしん)なんですけど。主役は、今回の井伊直弼役、中村梅雀の父、4代目中村梅之助でした。

投稿: ラフ | 2008年12月26日 (金) 01時20分

私は大河、だいたい毎年見始めるんですが、最後まで見てるのは少ないかもですsweat01
また幕末か~って思ったんですけど、面白かったです!!
戦国と幕末多いですもんね。
好きなんですけど、ワンパターンな感じがしてて。
でもキャストと脚本が好きだったおかげで面白かった♪♪♪
花神ですか!!
調べてみます(≧▽≦)

投稿: さや | 2008年12月26日 (金) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/26382555

この記事へのトラックバック一覧です: 篤姫:

« 時が走るよ十二月 | トップページ | 眠い…… »