« 初サンダル〜♪ | トップページ | あーうー »

2008年7月27日 (日)

ハリポタ最終巻(ネタバレ)

先週の発売日にはまたすごい数検索されてて^_^;
昔あんなタイトルで記事を書いたことちょっと後悔。あ、ハリーポッター最終巻ネタバレってのなんだけどね。当時、作者の発言で知ったネタバレについて延々と書いてるの。私はとにかく自分自身がネタバレ嫌いなので、読みたくない人が読んでしまわないようにそういうタイトルにしたんだけど、その後英語版の最終巻が出た時も、今回の日本語版の最終巻が出た時も、その記事だけで1000件くらいヒットしてて、申し訳なく;;

で、これはちゃんとネタバレです(笑)。

頑張ったー。睡眠削って、電車の中でも歩きながらも読み続けて、読破したー。

以下はネタバレですのでー。

全体的には満足です。
ですが。
えっと、3人中2人死ぬってのはなんだったの……?
ハリーの中にいるヴォルと、ヴォルの2人ってこと???

ボロ泣きしたシーンが、えっと、4つ。

1つ。
全1200ページ中の60ページ目(;¬_¬)
ダドリーが『おまえは粗大ゴミじゃない』っていうシーン。
感動してボロ泣きしてしまった。
今まで認められてなかった人が認められるとか、認めてくれなかった人が認めてくれるとか、そういうのにすっごく弱い。

2つ。
ドビーが死んだあとのシーン。
正直、ドビーが死んだとこ自体は悲しいなーってくらいで。ドビー最近出てきてなかったし、そこまで動揺はしてなくて。
でもその後のハリーたちを見てたらボロ泣き。
シリウスの時もそうだったけど、この作者さんはそういう書き方をするよね。ある意味で、日本人ぽいというか。死ぬシーンは意外とあっさりで、その後の周りの反応で泣かせる。

3つ。
その最たるものだと思う。スネイプ先生の死。
死ぬシーン自体はあっさりで。しかも後からわかるけど無駄死に……
なんだけど、その次のページから始まる第33章でボロ泣きです。プリンスの物語。
一番感動したのが、守護霊を出すシーン。『あの牝鹿、スネイプ先生だったんだ!』って。
私、6巻の感想、書いたんだっけ?どっかで書いた覚えがあるんだけど、スネイプ先生が特別好きなわけじゃなかった。
ジェームズたちひどいって同情はしたし、嫌いじゃなかったけど、好きなわけでもなかった。
ただ、スネイプがほんとに裏切ったのだとしたらそのスネイプを信じたダンブルドアが哀れだし、そんな先読みの出来てないダンブルドアの指示に従ってて平気なのかって不安になるから、スネイプが裏切ってないといいなって思ってた。
反乱起こしてるジニーたちがハグリッドの森送りになったっての聞いて『そんな罰則にならない罰則を課してるあたり、スネイプ先生はやっぱり裏切ってないのかな』って思ったりもしたんだけど。
こんなにずっと、ハリーを見守ってくれてると思わなかった。
ハリーに対してひどいってダンブルドアにかみつくほど擁護してくれると思わなかった。
リリーへの愛ゆえだとしても。

翻訳者さんもこの章には思い入れあるようで、最期の言葉をなんて訳すか悩んだと書いてたんだけど、原書見てハテナ。
どこに時間をかけたんだろ……?一人称を何にするかかな……??
ちなみに原書は『Look...at...me...』なんだけど。

これに付随して、終章で次男のアルバスのセカンドネームが『セブルス』って知った時も泣いた、そいえば。スネイプ先生が報われた気がして。リリーのお兄ちゃんなのはともかく、ジェームズにいじめられる弟なのは不愉快かもしれませんが(笑)。

(スネイプについて後日追記・笑)
ジェームズとリリーも感謝してるっていう描写がどっかにあるとよかったのにな。
きっと向こうの世界で、お礼言われてるとは思うけど。
ダンブルドアが一言、リリーたちもスネイプに感謝してたとか、何かひとこと、言ってくれたら私もすっきりしたのにな。

ダンブルドアも言ってたけど、スネイプ先生はどうしてスリザリンに入ったんだろう。
ダンブルドアが言ってたようにグリフィンドールがふさわしい。とは思わない。
けど、レイブンクロー辺りでよかったんじゃないの?
混血のスネイプがマグル嫌いのスリザリンに入ったら、浮いちゃうの当たり前じゃない。
グリフィンドールのリーダーグループ(ジェームズたち)とは敵対してて、スリザリンにも馴染めなくて、大好きな幼馴染は嫌いなイジメっこのとこに行ってしまって。
それでもずっと無償の愛を捧げて。
ジェームズにそっくりのハリーを、目だけリリーそっくりのハリーを、ずっと守ってたんだよね。
閉心術の授業の時に覗かれそうになって手をはたいたりレッスンやめちゃったりしたのも、ヴォルデモートと繋がってるハリーに知られることで計画が破綻しないようにするためだったんだよね。要するにハリーのためだったんだよね。
なんて一途で健気なんだ……

スネイプ先生には『幸せなとき』あったのかなぁ。
同志としてのダンブルドアと、幼いころのリリーを除いたら、常にひとりぼっち。
ずっと孤独でもヴォルデモートにならなかったのは、一方通行でも、報われなくても、リリーを思い続ける気持ちがあったからんだよね。
ある意味ではストーカーちっくなんだけど、でもスネイプの場合はとにかくリリーのためになることを考えてる。リリーを傷つけるようなことは思わず言ってしまった『穢れた血』くらいで、報われなくてもずっと『リリーのため』に動いてる。
三重スパイなんて周りは敵だらけで、誰からも信頼してもらえないほんとにつらい立ち位置なのに。
なんて一途で健気なんだ……

スネイプが『自分は報われた』って思ってたよって、『スネイプも幸せになった』って、はっきりわかるシーンが欲しかった。

4つめ。
甦りの石で、ジェームズ、リリー、シリウス、ルーピンが出てきたとき。
その4人と一緒に進んだとき。

追悼。

ヘドウィッグ。
ショックだった。めっちゃショックだった。仲たがいしたままだってのが更にショックだった。
4巻のゴブレット読む前にね、ネタバレ得意な母が『まさかセドリックが死ぬなんて』って言っちゃったのよ。で、当時まだハリポタ読んで無くてキャラがわかってない私はてっきり『ヘドウィッグ』の事だと思ってて。
だからセドリックが死んだとき、びっくりするとともに、ヘドウィッグじゃなくてほっとしちゃったりもしたのよ。
なのに~。こんなにあっさりと~……ショックだった……

マッド・アイ。
英語版を読んでたため1年前には結末を知ってた母から、ネタバレされないようにするのは至難の技でして。マッド・アイだけは知っちゃってたんだよね。まぁ、死んでから『そういや聞いてた』って思いだしたんだけど。
にしてもこの人もあっさりで。

フレッド。
ハリー・ロン・ハーマイオニーが無事だった今となっては、一番ショックかなぁ……
今までもそうだったし、ポッターウォッチとか今回もさ、フレッドとジョージにはほんと救われてたと思うの。あの世界の人たちも、読者も。
だってどんなに絶望的な状況でもギャグばっかし言ってて。ジョージの耳が無くなった時ですらお茶らけてて。眉間に皺寄せて読んでてもふっと笑っちゃうんだもん。
一番、死とは遠いイメージの2人だったのに。
しかも、私の記憶が定かなれば、映画で美形な方だよ、フレッド……(;¬_¬)
双子は一緒に生きるか一緒に死ぬかだと思ってたので、ジョージも死んでしまうんじゃないかとびくびくした……あと、ビルもやたら出番多いから死ぬんじゃないかとびくびくした……

ルーピンとトンクス。
子供は可哀想だし、出来ればハリーとちゃんと和解するようなシーンが欲しかったけど。
でも2人一緒でよかったなーって思っちゃった。
ほんとは、トンクスも『死とは遠いイメージ』の人だった。
でもずっと自分を卑下してきたルーピンが、仲間に次々先立たれたルーピンが、好きな人と最後まで一緒にいられてよかったなーって。
子供はほんとに可哀想だけど……トンクスの両親に育てられるのかなぁ。

えーっとメインはこのくらい?
最初、ヘドウィッグとマッド・アイが立て続けに死んだ時は一体何人死ぬんだって思ったんだけど。
噂のグリンデルバルドは生きてたんだね。ダンブルドアが惚れていたというグリンデルバルド。
マクゴナガル先生、もともと好きなんだけど、ますます好きに。校長はマクゴナガル先生になったのかなぁ?死んじゃうかと思ったから死ななくてよかったー!!
私はドラコが一緒に戦ってくれるのを期待してたので、最後まで見せ場は無くてちょっぴり残念。ハリーにニレトコの杖の所有者を橋渡ししたっていう、無意識の手助けはしてるけど(・。・;グリフィンドールとスリザリンが手を結ぶことで勝てるのかと思ったの。これだと結局、『グリフィンドール>スリザリン』みたいな感じがしてしまう(;¬_¬)なんで4つの寮にスリザリンが入るんだろうって感じがしてしまう……1年生の時から出てきてずっとハリーと競ってきた子だし、グリフィンドールを象徴するハリーとスリザリンを象徴するドラコ『一緒に』戦って欲しかったなぁ。
ネビルはかっこよかったー。グリップフックが持っていったグリフィンドールの剣がどうして出てきたのかはよくわかんなかったけど(組み分け帽が4次元ポケットみたいに、それにふさわしいものの前に現すの?)ナギニを倒して最後の分霊箱を壊したのはネビルだったー。あ、そだ、ネビルのおばあちゃんが『誇りに思います』って手紙を送った時も泣いた、そいえば。
ルーナとジニーも最後までいい子だったね。そういや、ルーナの部屋にポスターが張られてるってのも泣いた(笑)。
ビルにやたらとときめいた(笑)。なんかすごくできた人だねぇ。フラーも好き。テッドの相手のビクトワールってこの2人の娘かな?年齢的にも、この2人の子供ならテッドの1つか2つ下くらいな気がするし。もしそうならすっごい美人になりそう。

ロン。
上巻はね、正直ね、ロンファンには悪いけど、ビンタしたい、って思った(笑)。
つらいのなんかみんな一緒なのに愚痴ばっかり言うなー!ハーマイオニーを泣かせるなー!!って。
でも帰ってきたし、帰ってきたときにハーちゃんががつがつ殴ってたし(感動してたのに笑ってしまった・笑)、ハーマイオニーが拷問受けてる時のロンがあまりに暴走してたので、私の溜飲も下がりました。
帰ってくるシーン、湖でハリーが死にかけてるとき、助けに来てくれる『誰か』で私は全然ロンが浮かんでなかったの。シリウスとかダンブルドアとか亡くなってる人は浮かぶくせに(笑)。だからこそ、ロンだってわかってすっごく感動した。

ハリー。
無欲の子とか、自分より他人を大切にするとか、ダンブルドアがハリーを称するほどには私はすごい人とは思ってないんだけど。
普通の人だと思ってる。ただ、過酷なことをいっぱい背負ってしまっていて、それでも正気を保って普通であり続けた人。要するにすごい人。
ほんと、最後までロンとハーマイオニーが一緒にいてよかった。ハリーが一人にならなくてよかった。ヴォルデモートがハリーを差し出せって言った時に、グリフィンドール生が一斉に立ち上がって盾になったシーン、感動した。
死ぬと思ってたから、生き残って嬉しい。けどちょびっと拍子抜けも(笑)。

ハーマイオニー。
ハーマイオニーは最後まで凄かったよー。かっこいいし賢いしー。
よく考えたら見せ場はほとんどないんだけどね(笑)!!
ハッフルパフのを壊すシーンも、バジリスクの牙を取ってくるシーンも、はしょられてるし……
でも拷問されても嘘をつきとおしたり、人攫いにあっても咄嗟にバッグを隠したり、何より、ロンが逃げた時もハリーのそばに居続けたり。逃げようと思えば逃げられたのに。両親のいるオーストラリアに行ってしまうことだって出来たのに。
ハーマイオニー大好きだ。
しもべ妖精たちが味方してくれたのだって、ハーマイオニーのおかげだよね。ハーちゃんいなかったらハリーやロンだってしもべ妖精たちを下等扱いしたままだったかもしれないし。
ハーマイオニーは卒業後何をしてるのかなぁ。専業主婦じゃもったいない(笑)。ホグワーツの教授とか似合うと思うんだけど、そうするとほぼ1年間ホグワーツ詰めになっちゃうもんなぁ。

今でもやっぱり、ハーマイオニーにはハリーとくっついて欲しかったって気持ちもある。
でもね、19年後を見て『あぁ、みんな家族になったんだ』って。
ロンとハーマイオニー、ジニーとハリーが結婚することで、みんな親戚になったんだよね。それはとっても嬉しいなーって。

とっても大団円で、全体的には大満足です。
ただ、
えっと3人中2人ってのはなんだったの(笑)?

ハリポタ読み終わったまななんも感想書いてたのでリンク~♪
http://kalkal-cake.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_efce.html

|
|

« 初サンダル〜♪ | トップページ | あーうー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この日記、気になりすぎだけど読めないよ~wobbly
私ってば「炎のゴブレット」までしか読んでないダサい女・・・sweat02

投稿: こもっち | 2008年7月28日 (月) 09時53分

ダメですダメです、この記事読んじゃダメです(笑)!!
炎のゴブレットの次の巻で起きるおっきな出来事も書いちゃってるし……!!

でもこないだ弟が言ってたんですが、日本人の7割くらいはハリポタ読んだことも映画見たことも無いらしいですよ?
原作分厚いから持ち歩きにくいし、読みづらいですよねwobbly
映画の雰囲気嫌いじゃなければ、映画だけで十分かと(笑)!!

投稿: さや | 2008年7月28日 (月) 18時09分

やっと読めたーー!
あ、万一このコメントをさやちゃん以外が読まれる事ありましたらネタバレですので・・!

てゆか、さやちゃんの記事長っ(笑)!!
私が書きたかったこと全部書いてあるww

そうそう、スネイプ無駄死にだったよね・・・。ヴォルデモートって、浅はかっていうか・・あんまり頭の血の巡りが良くないね^^;
スネイプが幸せだった時とか、生きていた時にスネイプにとっての救いみたいなものがあったら良かったよね;;本当同感。

ビクトワール!!そうか、ビルとフラーの娘かも!!本当に親戚になるしね!謎が1個解けた^^有難うさやちゃん!

でも本当何でネビルの元に剣が現れたんだろう。グリップフックが加勢に来てくれてたら感動したのに、そうじゃないし。ネビルが教授になるとは1巻では想像もしなかったよね~。

さやちゃんは昔からハーマイオニーが好きだったよね★私もハーマイオニーもルーナもマクゴナガル先生も大好き!!
本当にこの子が居なかったらハリーは達成出来なかったと思う。
ロンがハーマイオニーを大事に思ってるのが嬉しかったなぁ。
一つだけさやちゃんと感想違うのが、私は何故かハリーとハーマイオニーがくっつくのって考えた事無かったの。なんでだろう。かと言って、チョウもジニーもピンとこないんだけど^^;

なんだかダラダラ書いちゃったけど、レス気にしないでねsweat01
この記事すごく良いので、リンク張らして下さい><

投稿: まななん | 2008年8月10日 (日) 13時31分

リンク!?
ぜひ(笑)!!
私も張っていい??

こんなに長かったとは(笑)。
実は斜線のとこ以外もあとからちょこちょこっと書き足したりしてるから、全文見たのは今が初めてかも。
スネイプ先生は後から後から言いたいことが出てくるというか、読み終わった後も少しずつ株が上がっていってるというかで(・。・;

ジェームズはさ、最初『ヴォルデモートと戦ったかっこいい父』として出てきて『実はそうでもない悪ガキ』なイメージ出てきて、、、そのまま終わっちゃったよね(゜-゜;)
もう1回『若気の至りでひどいこともしたけど、改心して立派になって戦った』ってしてくれないと、イメージ悪いままに……ハリーを守る魔法もリリーのものだし。シリウスやルーピンは現実に出てきてるから好きになったけど、ジェームズがいまいち好きになれないまま終わってしまったよ。

まななんは映画が先?本が先?
私、映画が先なんだけど、映画の方がハリーがいい子だと思うの。よく出来た子というか。小説の方が人間味があって映画は“いわゆる主役(悪役じゃない)”というか。
で、私はそのハリーはハーマイオニーとお似合いだと思ってたんだけど、小説ではそうでもないんだよね(笑)。

ジニーは、本だとさばさばした明るい美少女な感じだから好き♪でも映画だと少なくとも5作まではちょっとピンと来ないなー。純朴な感じ。
確か映画5作目の感想を書いた時に『ルーナとくっつけばいいのに』とか『ハーマイオニーとくっつけばいいのに』とか書いた気がする(笑)。
ルーナは映画版で一気に好きになった!!
ハーマイオニーは原作でも映画でもどっちも大好き(*≧m≦*)

投稿: さや | 2008年8月11日 (月) 00時26分

こんにちはー。

私も発売と同時に最終巻を読みましたよー(電車でも家でも学校でも…)。

よく聞かれるんですよ「主人公級のキャラが二人死ぬ(って、どっかに書いてあるんですかね?)って言うけれど、誰?」って・・・。
二人ってレベルじゃないですよねー。
まぁ、それが良いんですけれど!


そうそう、私も号泣しましたよ<あのシーン>
 ・ダドリーって良いヤツ~♪
とか、
 ・ドビィィィィーーー!!!
とか、
 ・セブちゃん健気vv
とか、ですよー。

ところで、「死の秘宝」の映画は二部に分かれるらしいのですが、何処で別れるんでしょうね?
↑↑これが、今私の中での最大の話題デス!

投稿: ロザリア | 2009年7月30日 (木) 16時19分

ロザリアさん
コメントありがとうございます(≧▽≦)ノ
お返事遅くてすみませんsweat01

皆さん、結論だけ知りたいんですかね(笑)!!
読んだ方が楽しいのに(笑)!!

ダドリーのシーンは、些細なシーンだけどすごく泣けました(ノ_≦。)
ドラコともそういうシーンがあったらよかったのになー。
もしくは、全てが終わってもやっぱりいがみあってるシーンでもよかったんですけど(笑)。

映画、単純に言ったら上巻と下巻で分かれるんですかねー??
ロンが帰って来て『よし3人そろったぞ!!』な感じとか?

投稿: さや | 2009年8月 3日 (月) 19時00分

Do you acknowledge that this is correct time to receive the credit loans, which will make your dreams come true.

投稿: VernaCline | 2012年9月22日 (土) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/22584862

この記事へのトラックバック一覧です: ハリポタ最終巻(ネタバレ):

« 初サンダル〜♪ | トップページ | あーうー »