« 窓は閉めるべきかな…… | トップページ | 寝ぼけ3連発 »

2008年6月 3日 (火)

ゴーイング・メリー号

タイトル打っただけで泣きそう・・・・・・

実はメリーが第10弾のつもりでした。
でも第9弾にするつもりだった人、50巻が発売されないと書けないと気づきまして( ̄▼ ̄;)
1日1つずつアップされてくように設定してるんだけど、意図してなかったけど『第10弾』にすれば6月4日になると気づいたので。
順番逆転。

ワンピース キャラ語り 第9弾
ゴーイング・メリー号

以下は49巻までのネタバレを含みます。

本当に泣きそう・・・・・・

ワンピースでよく泣く私だけど、430話ほど『読んだら100%泣く』話は無い。
誇張じゃなく、ほんっとに、一度も泣かなかったこと無いよ。
あの、あの、ガレーラの船に合流してがくんって行くとこで堪えきれなくなる。
傷だらけの体に鞭打って、なんとか安全な場所まで運びきって、そこで力尽きてしまう姿に涙がぼろぼろ。・・・・・・と打ってたら読んでないのに今もぼろぼろ。

私は物に思い入れを持ってしまって、名前とか付けて、捨てられなくなっちゃうタイプなんだけど。
でもメリーに対してそこまで擬人化してたわけじゃなかった。
カクに『あの船はもうダメだ』って言われて悲しかったし、最後までメリーで一周して欲しかったなって思ったけど、でも仕方ないって思った。
だけどクラバウターマンの回で、メリーに『意思がある』ってはっきりわかって、それでもう、完全に『仲間の一人がいなくなってしまう』の感覚に・・・・・・

2001年だったか2002年だったかに、尾田様が『来年仲間が一人減ります』って言ったのね。
それで、誰のことなんだって大変な騒ぎになったのですが。私も夜眠れないくらい動揺したのですが。
メリーの事だったのだそうで。
予定が大幅にずれて、06年の10月7日土曜日のジャンプでしたが、降りそそぐ追想の淡雪が掲載されたのは。
その頃には既に、尾田さまの中に『メリーと仲間として別れる』構想があったんだなぁ。

雪走にもある程度の意思は宿ってたのかな・・・・・・

メリーは家で、命で、仲間。
でも実は一番酷いことしたのはルフィだと思うの(;¬¬)
430話でゾロもサンジも壊すしよう、ってルフィは言うけど。
ワポルとか、ベラミーとか、シュラとかにも酷いこといっぱいされてるけど。
あぁそっか、でもルフィ、竜骨折ったりはしてないからメリーと別れなきゃいけなくなった一番の原因は『冒険の日々』だと思うんだけど。
でもだって、ラブーンとケンカしたとき、ルフィ、メリーのメインマスト折ったんだよ・・・・・・!!
それ以降ずっと、銅版みたいなので補強されてるんだよね、マスト。

きっとメリーとの別れを経験して、ルフィも成長してくんだよね。
ウソップとの決闘然り、物を大切にする心然り。

万物に心が宿るっていう考え方は私は大好きなので、メリーのエピソードは大好き。
そして切ない・・・・・・

そだ、英雄伝説の次の回だから、えっと、、420話くらい?
44巻の最初に収録されてる話。
そこで、ロビンちゃんを助けたあとのウソップが、砲撃でゾロとサンジの近くに落ちる前に、集中線で囲まれた『・・・・・・』って吹き出しがあるでしょ?
ウソップが『ん?』って反応するんだけど、その吹き出しがなんなのかの説明は結局未だに無いの。SBSでも無いの。
でも私はジャンプに載った当初から弟に『あれはメリーなんだメリーが来てくれたんだ。だってアレ(橋の下の廃船工場でCP9にメリーを落とされる)がお別れなんて悲しすぎるもん。ウソップにしか聞こえて無いんだもん、メリーだよ。メリーはもう1回出てくると思う』って言ってたんだけど。
・・・・・・そう主張しときながら、その時点では実は全然自信無かったんだけど。
でもメリーがその後428話でほんとに迎えに来てくれたのを見て、確信したの。
アレはほんとにメリーだったんだって。
・・・・・・だよねぇ?メリーだよねぇ???

こんなにメリーが愛しいのは、ヘッドが可愛いからってのもあるけど、小型だからってのもあると思う。
クラバウターマンのイメージとも相まって、頑張るちっちゃい子供みたいなんだよ。
麦わら一味全員を包み込む包容力もあるんだけど、やっぱり幼い感じがして。
船には自己治癒能力なんて無いから、ゾロが『人間なら経験値になって強くもなるけど、船は弱っていくだけ』みたいな事を言ってたように、一緒に冒険した人間たちは体も成長して行ったけど、メリーの体は成長出来なかったんだ。
もともと海賊船にするために造られた船じゃないし、グランドラインでの冒険なんて想定もしてないだろうし、そんなメリーが現時点で世界一の船大工に『こんなにすごい海賊船を見たことが無い』って言わせて。
最高の賛辞だけど、やっぱり限界は限界で。
イーストブルーからグランドラインをほぼ半周したとこまでで、お別れなのでした。

《一番印象的なシーン》
もう、428話の、ウソップの『海へ飛べー!!』から『迎えに来たよ』と
430話のガレーラに合流したとこから最後までと。
これはどこって言えません。

空を飛んだシーンとかさ、海賊船ゴーイングメリー号が誕生したシーンとかさ、空島のコーンコーンのシーンとかさ、思い返したらいっぱいあるんだけど。
『一番』って言ったらもう、ここら辺ばかりになってしまう(>_<)

アニメだと、ルフィが付けた火がぱぁ〜って広がってくシーンがやけに印象深く。
大体は『メリーの○○』って言ったら、あの顔が浮かんでくるんだけど、この火が広がってくシーンは甲板だな。

そんなわけで、『帰ろう』から『降りそそぐ追想の淡雪』まで、全部。

《一番印象的なセリフ》
ぜ、全部・・・・・・

ムリだよ!!
メリーのセリフは選べないよ!!

大丈夫 もう少しだけ 運んであげる
走りたい……もう一度だけ走りたいんだ
帰ろう 冒険の海へ
迎えに来たよ
ごめんね もっとみんなを遠くまで運んであげたかった
ごめんね ずっと一緒に冒険したかった
だけど僕は・・・・・・
だけど僕は幸せだった
今まで大切にしてくれてどうもありがとう
僕は本当に幸せだった

最初の『だけど僕は・・・』の後はなんて言うつもりだったのかなぁ。
だけど僕はもう一緒に居られない、だったのかなぁ。
悲しかったり悔しかったりするセリフを結局は言わずに、幸せだったありがとう、って言うんだよ。
メリー・・・・・・

《一番印象的な表情》
ちょっと430話からは離れるんだけど。
ルフィとウソップが決闘した時のメリー。
水しぶきがかかっててね。
ジャンプ掲載時には担当さんの煽りで『メリーが泣いてる・・・・・・』って書かれてたの。
その時点ではまだクラバウターマンの話もされてなかったんだけど、ほんとに泣いてる気がして、すごく印象が強かったです。

な、長くない(笑)?
うおう、ゾロに次ぐ長さだ(笑)。
サニーにもいつか魂が宿るのかなぁ。
ミニメリーにもいつか、魂が宿るのかな。

|
|

« 窓は閉めるべきかな…… | トップページ | 寝ぼけ3連発 »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

ワンピのキャラ語り、全部熟読してますよ。
ホント、もうじっくりと。
時には涙しちゃったりして…
なにせ、さやさんってば日記の更新が早いからコメント追いつかないのよ(汗)
(しかも、さやさんの日記読むのいつも仕事中だしねsweat01
これは一度お会いして、昼夜通して語り合わなきゃって思うくらい、このキャラ語りは深い。
さやさんってホントにワンピースを愛しているんだよね。
こんなに愛してくれて、ルフィもゾロもナミもウソップもサンジ君もチョッパーもロビンもフランキーも…そしてメリーも幸せだよshine

投稿: こもっち | 2008年6月 3日 (火) 16時19分

ほ、ほんとですか!?
ありがとうございます(>_<)
もうほんっと、ワンピースやら野球やらの趣味語りは自己満足なので、読んでくださる方がいるってだけですごく嬉しいです!!
コメントなんて全然気にしないでください(^-^)
じゃないと、私も、好き勝手に記事を書けなくなっちゃうので(笑)。ほんとやりたい放題で(^^;)
こもっちさんに蛍火を勧めていただいて以来、緑川ゆきさんの『あかく咲く声』も読んでみちゃったりほんと趣味が合うんだな~って(≧▽≦)
話がつきなそうです!!

投稿: さや | 2008年6月 3日 (火) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/21249941

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーイング・メリー号:

« 窓は閉めるべきかな…… | トップページ | 寝ぼけ3連発 »