« あ、間違えた。 | トップページ | もうほんっと季節の変わり目って »

2008年5月 2日 (金)

太王四神記

http://www3.nhk.or.jp/kaigai/taioshijinki/

ワンピースログとどっちの感想書こうかなと思ったけど、まずこっち(笑)。

微妙にネタバレです。
私もよくわかってないからたいしたネタバレじゃないけど、うっすら内容はわかるようなネタバレです(^-^;)

いや、あのね。
最初は母に、なんだったか忘れたけど『面白いシーン』があるから見てと、なぜだか丸々一話見せられたの。
それがたぶん16話くらい。
そっから全部見るようになって、見たのは今まだ5話分くらい(20話か21話辺り)なんだけど。
全24話なことを考えるとあとちょっと・・・・・・

音楽が久石譲さんで、テーマは東方神起の千年恋歌。
そっちにまではまりそうな危険な兆候がΣ(・_・;)!!

いや~だって、面白いんだもん!!

日本の大河もこういうファンタジックなのやればいいのにな~。
って、前も書いた(笑)?

だってテレビドラマとは思えない造りだよ?
CGとかそれ単品で見ると、スクエニの方が~とか思っちゃったりもするんだけど(笑)。
でもロードオブザリングのスタッフらしいし、音楽はJさんで、制作費50億だって。

ただ、ペさまがケガしたことでストーリーが当初とは変わっちゃったらしいのが不安・・・・・・私の望む展開になるだろうか・・・・・・

神話時代のスジニ(セオ)がすっごく好きで。
ヨンさまのやってる『タムドク』が前世は神様なんだけど、人間の『スジニ』を好きになって、朱雀の力(炎)を与えるのね。
でもスジニは子どもを殺されて、憎んで朱雀の力を暴走させてしまって、誰も止められなくなって。
タムドクがスジニを殺すことになるの。
で、来世では幸せになれますように、って言ってる『来世』が今(7世紀)なんだけど。

私はスジニと幸せになって欲しいの。
『途中は切ないけど最後はハッピーエンド』が好きだから。
なんだけど、今のところホゲさまや火天会との争いが大変で、スジニとは恋愛っぽさを感じないんだよね(笑)。DVDの広告では『スジニ:タムドクの恋人』って書かれてたけど、そぉかぁ・・・・・・??って(^-^;)
ってゆか、恋愛でいうならキハさま(スジニ姉)の方が、どろどろ気味ではあるけど近いと思うんだよね・・・・・・
『今のところ』と思ってるうちに、あと数話で終わっちゃうからさ・・・・・・

どうなるんだろ(>_<)!!

という具合で頭から離れないのです(笑)。
でもほんとに、『韓流だから興味無い』って人にはお勧めだよ?
逆に『メロドラマちっくな韓流じゃなきゃ興味ない』って人にはお勧めじゃないかも。恋愛要素はあまり無いので。

スジニ以外だとチュムチとコ将軍が好き♪
でもホゲさまも好きだし火天会の長老も好きなんだよね・・・・・・どっちも敵(笑)。

ホゲさまは敵と言ったら可哀想かもだけど。
『高句麗を反映に導くチュシンの星』が輝いた日に、タムドク(ヨンさま)とホゲの2人が生まれたの。
で、ホゲをチュシンの王だと思った人たちがまつりあげていたのに、タムドクが頭角を現すにつれ『お前が王だと信じたのに!!』みたいな事を言うのが気の毒で気の毒で。
そう信じたのは自分でしょうが、と。
なんでホゲさまのせいにするの、と。
でもそれでどんどん歪んでいって、ホゲさま今はかなり怖い人になってるんだけど。それでもやっぱり根はいい人だなぁって思うんだ。
死にそうな気はするけど・・・・・・仲直りしてハッピー☆とはならない気がするけど・・・・・・ホゲが無念のまま終わらないといい。

火天会の長老は、母の場合は『砂時計っていう好きな作品の主役の一人やってた役者さんだった!!』っていうので憎めなくなっちゃったらしいんだけど(笑)。
私はね~単純にね~CG(魔法)一番使うから好きってのもある(笑)。
だって魔法とかファンタジー大好きなんだもん・・・・・・
でもそうじゃなくても。
他の人は『神話時代の生まれ変わり』なんだけどこの人は『神話時代から生き続けてる』んだよね。
神話時代に罪をおかした(?)ために、死ねなくなっちゃったの。それが切ないの。死のうとしても死ねなくて、周りはどんどんいなくなっちゃって。
そりゃゆがむよなぁ、と。

なんでチュムチとコ将軍じゃなく、ホゲと長老について語ってるんだ、私(笑)。
まぁ、チュムチとコ将軍は、見てくれればどんなとこが好きなのかわかってもらえるかと(笑)。
あ、もちろんタムドクも好きだよ?
ヨンさまは絶対、チュンサン(冬ソナ)よりこっちの方が合ってる。
18歳には見えないけど。
スジニが同い年にはどうしても見えないけど。
チョロより年下にはどうしても見えないけど。
大変だよね、王様の貫禄出したら年齢も上がっちゃいそうだもん。
18歳の、新人王様らしくするのって、すごく大変だと思う。
でも、自分の決断でたくさんの人の命を左右するのが怖くて仕方ないってコ将軍に初めて吐露するシーン、大好きだった。
やっぱ凄い人なんだなって思ったよ、ヨンさま。

あ、念のため言っておきますが、冬ソナは確かに見たけど、そんなに韓流見てるわけじゃないですから(笑)!!
冬ソナと秋の童話とフルハウスと太王四神記くらいですから!!
・・・・・・増えてる。

|
|

« あ、間違えた。 | トップページ | もうほんっと季節の変わり目って »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/20712801

この記事へのトラックバック一覧です: 太王四神記:

» 久石 譲 CD DVD 通販  [久石 譲 CD DVD 通販 ]
絢香(あやか、本名:飯田 絢香、1987年12月18日 - )は、大阪府守口市出身の歌手。血液型O型。身長157cm。研音・WARNER MUSIC JAPAN所属。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 03時20分

« あ、間違えた。 | トップページ | もうほんっと季節の変わり目って »