« 雰囲気が夏の早朝 | トップページ | 空を見上げる »

2007年4月11日 (水)

さくら

http://www.takanokenichi.com/sakura.html

バイトの有線で開店前に流れてる曲はけっこうマイナーなのも多いんだけど(笑)。

最近気になってしょうがない歌があってね。
好きかどうかは置いといても、すごく耳に残るの。
で、歌ネットで検索したんだけど、出てこなくて、普通にグーグル検索したら見つけた~♪

高野健一さんの『さくら』だそうな。

でも私が一番気になってた、『さくら』が(人間の)子どもなのか、ペットなのかはわからず。
これの元になった西加奈子さんとゆー方の小説『さくら』を今度は検索してみた。
イヌだった。
は~すっきり♪
小説より歌の方が好きそう。
最初の4ページくらいを試し読みしただけだけど。

歌はねぇ、とっても切ないよ。
私、さくら=子どもと想像すると涙ぐむもん。

|
|

« 雰囲気が夏の早朝 | トップページ | 空を見上げる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ、犬なんだ!人間だとしか思わなかった^^;
私も人間の子供だと思うと泣ける・・・。
ペットの死もめちゃくちゃ辛いんだろうけどね。
マミタスが死んじゃったら、しょこたんは一体どうなっちゃうんだろうと思う今日この頃・・・。

投稿: まななん | 2007年4月12日 (木) 21時09分

お、知ってらっしゃる!?
人間の子どもとペットの違いを考えてみた。
愛情の大きさは人によるから比較できないよなと思って。
で、寿命が違うんじゃないかなって。
ペットって、たいていは自分より先にいなくなっちゃうから、どっかで覚悟が出来てるんじゃないかなって。
ってな事を、まななんの書き込みを見た後バイト中に考えてました(笑)。

投稿: さや | 2007年4月13日 (金) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/6054561

この記事へのトラックバック一覧です: さくら:

« 雰囲気が夏の早朝 | トップページ | 空を見上げる »