« 涙腺よわよわ | トップページ | おねむの時間 »

2006年9月 9日 (土)

遥かなる時空の中で〜舞一夜

見てきました。わからない人には全然わからないと思います(笑)。いいです、わからなくて(;¬_¬)

私が映画館で見る映画ってハリウッド始めメジャーなのが多いから、こんなに上映場所と時間の選択肢が少ない映画は久しぶり(笑)。

以降ネタバレです。

ん〜と、すごく好きなようなすごく不満なような、複雑な感じ。

絵と音楽は好きでした!時々雑に感じる事もあるけど、全体的に綺麗だなぁと思う絵が多かったです。特に背景。
ストーリーも、私こういう話好き。ちょっと切ないんだけどちゃんと救われるから。

何に不満なのかと言ったら、やっぱりキャラクター性なんですよね(;^_^A

ぶっちゃけ、恋愛シミュレーションゲームを映画化したものなんで、各キャラクターに見せ場を作らないといけないんですよね。そのためにしばしばなんか流れに違和感を感じちゃったのが一つ。単純に自分の好きなキャラクターの見せ方があまり好きじゃなかったのが一つ。

でも一番の不満はヒロインです(;^_^Aうじうじしすぎちゃってて……もっと『ほんわかしてるけど芯は強い子』じゃなかったっけ?と。もともと、このシリーズのヒロインの中では一番女の子女の子したタイプではあると思うんですけども。

自分が演るならすごくおもしろいんですけどね〜。葛藤して悩んでぐるぐるしつつ、最後には立ち上がれる子。

一つの作品としてはいい映画だと思ったけど、各キャラクターへの思い入れがある分、すっきりしない感じなのでした(^^ゞ

あ。藤姫が大谷育江さんじゃなくてショックでした……

ユンソナ、うまかったです。

|
|

« 涙腺よわよわ | トップページ | おねむの時間 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/3380082

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなる時空の中で〜舞一夜:

« 涙腺よわよわ | トップページ | おねむの時間 »