« さよなら天さん…… | トップページ | 早実すごいですねっ! »

2006年8月11日 (金)

今月3つめの舞台

講師が演出やってる舞台です。『甘やかされた子供』と『みんな、先生』の2本立て。

甘やかされた〜の方は、とにかく“恐さ”を感じた舞台でした。20世紀の女、21世紀の女、22世紀の女、をそれぞれ描いてるのですが、人間が人間で無くなりそうな、そんな恐怖とか。

私が好きだったのは『みんな、先生』の方。ストーリーも好きだったし、役者さんがこっちの方が安定してた。だから見やすかったんです。 話は主に職員室をメインに進み、痴漢と間違われてばたばたしたり、生徒はその親と揉めてばたばたしたり。 中でもメインな吉川先生、最初はただの綺麗事言う先生かと思ったんです。でも自分の理想を最後まで貫き通すのを見て一気に株が上がりました。つらい時に手を握ってくれる人がいるっていいなって。 敵役な勅使河原先生も、単に偏った人なわけじゃなくて。一番泣きそうだったのはこの人の怒鳴るシーンですもん。

幕が降りたあとも涙がこみあげてきそうな、余韻のある舞台でした。

|
|

« さよなら天さん…… | トップページ | 早実すごいですねっ! »

レッスン徒然、その他芝居」カテゴリの記事

コメント

良い舞台、よかったですね。
こちらまで、感動したよ^^;

投稿: あいさち | 2006年8月14日 (月) 01時39分

ほ、ほんとですか!?
なんだか嬉しいです!
いい舞台・いい作品を見られると、本当に幸せです。

投稿: さや | 2006年8月15日 (火) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/3025363

この記事へのトラックバック一覧です: 今月3つめの舞台:

« さよなら天さん…… | トップページ | 早実すごいですねっ! »