« 甲子園特集・・・・・・ | トップページ | 夏休み最後の日 »

2006年8月31日 (木)

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション DVD いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2005/06/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

去年・・・一昨年?ヒットした超有名作ですね。
なんとなく邦画にはあまり興味なかった私が、『あ、見てみたいな』って思うようになったのはこの純愛ブーム辺りからな気がします。
あ、友達に借りて見た『月光の夏』は好きでしたけど。
要するに機会があれば、見てみれば、好きなんですね(笑)。

原作も読んでみたいけど1500円は高い。
ので図書館にしよっかな。

以降はネタバレです。

えっともう泣くことはわかりきってたので最初からティッシュを箱で用意して見始めました。
あらすじは知ってて見てるのに、『このシーンで泣いた』って言えないくらいずっと泣いてた。
逆に言うと、特に盛り上げられてるシーンは無いんですよね。
製作者の『ここで泣け!』という意図的なシーンというか。
でも何気ない一つ一つの事に泣きたくなるの。
当たり前にある日常ってなんて幸せなんだろう。

強いて挙げるなら私の一番“泣けるシーン”は竹内結子がケーキを買いに行ったとこ。
『ケーキを予約したいんですけど。・・・・・・12年分。』
っていう。
それから毎年、お母さんはいなくても誕生日にケーキは用意されるんですね。

声とか演技について、どうしても時々“分析”をしてしまうんですけど^_^;
いい作品でした。
『悪意』が無いし。(強いて言えば小学校のクラスメイトくらい。)
風景は綺麗だし。(長野、行きたいなー。)
主役2人の演技好きだったし。(竹内結子の芝居、実は初めて見ました。)
竹内結子と、美山加恋ちゃん、可愛いし!!

竹内結子の声、優しくて好き。
中村獅堂も思ってたよりずっといい声でした(^^ゞ

|
|

« 甲子園特集・・・・・・ | トップページ | 夏休み最後の日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/3270827

この記事へのトラックバック一覧です: いま、会いにゆきます:

« 甲子園特集・・・・・・ | トップページ | 夏休み最後の日 »