« ハリーハリーハリー…… | トップページ | 乙女ロードツアー日誌 »

2006年6月28日 (水)

ハリーポッター最終巻(ネタバレ)

これは06年に、最終巻のネタバレの噂を聞いて書いた記事です(>_<)
最終巻読了時の感想はこちらですので、もしよろしければ……(08.08.01)

というわけで、一晩経ってもハリポタショック継続中の私は、わざわざネットカフェに来てまでこれを書いてます(笑)。家に帰る時間は無かったけれどこの記事書くくらいはできるかなと。
人生2度目の漫画喫茶。・・・・・・3度目?
消臭のためなのかなんか独特の香りがして、気持ち悪くなってます・・・・・・

こっから先、たぶんロンの話もすると思うのでちぼ禁(笑)。

昨日、最初にネット記事で見かけたときは『2人死ぬ。一人はハリー!?』というものでした。
もしハリーが死ぬとしたらそれはすごくショックだけど、それだけなら耐えられたと思うんです。
でもその後夕刊で見たら『メイン3人のうち2人死ぬ。一人はハリー!?』で。

私、私、2人と言っても、ロンの家族の誰かとか、マクゴナガル先生とか、スネイプ先生とか、『レギュラーだけど脇役』だと思ってたんです。

メイン3人って。

ハリー・ロン・ハーマイオニーなの確実じゃないですか(TдT)

他の可能性は・・・・・・ハリー・ヴォルデモート・・・やっぱこの2人とセットにするような3人目はいないですよね。そしたらやっぱロンとハーちゃんですよね。

私、ハーマイオニーさえ幸せなら我慢できると思う。でも3人のうち2人って事は・・・・・・
ハーマイオニーが死ぬのもハーマイオニーが一人取り残されるのもいやぁぁぁ・・・・・・・

それでもね、もし作者が最初からそのつもりだったなら仕方が無いと思うんです。結局は作者の自由ですし。
でも、『最終章は最初から書きあがっていて金庫に入ってる』とずっと言っていたのに、突然それを書き換えたんですよね。
しかも理由はどうやら『他の人に取られたくない』からのようで。
誰かに取られるくらいなら あなたを殺して・・・って天城越えじゃん(*д*)

作家というものは、キャラクターや作品を我が子のように思ってるものだと思ってました。それを簡単に殺せるものなんですか?天城越えの心境なんだったら母の愛情というより恋情ですよね。

ま、さっきも言ったとおり、結局は作者の自由なんですけど・・・・・・それでも・・・・・・いやだよう・・・・・・打ってたら涙ぐんできた・・・・・・

私の予想ではハーマイオニーが生き残ります。で、おなかにロンの子がいて、シングルマザーになったハーマイオニーが書いたのが『ハリーポッターシリーズ』。
ローリング(作者)さんはハーマイオニーを理想の自分に重ねてる気がしたことあるので。

やだよう・・・・・・ハリーかロン、どっちかでいいからハーちゃんに残して・・・・・・

ほんとは、一番私が妥協できるのはロンとハーマイオニーが死ぬパターン。ハーマイオニーが一人ぼっちになるのいやだし、(ハーマイオニーがハリーとくっついてたならともかく)ハリーとハーマイオニーが死んだらロンがかわいそすぎる。
でもハリーだけが生き残るパターンは無さそうな気がする・・・・・・

作者の言葉は
『最初彼は死ぬ予定じゃなかった。』
『他人に取られるのがいやな作家の気持ちがわかる。』
という内容だったと思うので、『彼』という以上、死ぬ予定じゃなかったのに死ぬことになったのは男性で、まぁたぶんハリーですよね。
で、もう一人は最初から死ぬ予定だったとすると、やっぱりハーマイオニーよりロンの可能性が高いかなぁと。

やだよう・・・・・・

こういう流れだと、『本当のハリーポッター』とか題して『最初はこんな結末だったんじゃないか』本が出回りそうな気がします。他人に取られたくなくて結末を変え、結局それが刺激になる気が。

あ~・・・・・・いつ出るのかなぁ、最終巻・・・・・・
ハリポタの、子供向けといわれる割に暗いところが好きなんですけど、やっぱりラストは子供向けらしく大団円がよかった。
4巻辺りからばんばん死人が出て、どんどん暗くなってって、それでも最後はハッピーハッピーだと信じて疑って無かったよ。

|
|

« ハリーハリーハリー…… | トップページ | 乙女ロードツアー日誌 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/2414277

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッター最終巻(ネタバレ):

» ハリーポッター完結編、7月21日に発売 [総合情報ニュース徒然草]
 書籍から始まり、映画、関連商品などで大きな売上げを上げる「ハリーポッター」の完結編が今夏に発売されるという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載)  ハリーポッターと言えば、書籍で大きな売上げを上げ、映画化された作品も世界各国で大ヒットとなった作品だが、その完結編がいよいよ今年の夏に発売されるという。  この作品は、シングルマザーの作者が子供たちを寝かしたあとに、台所でコツコツと書き始めた作品が後に大ヒットとなったもだが、そういった作品が生まれた背景についてもシングルマ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 2日 (金) 13時45分

« ハリーハリーハリー…… | トップページ | 乙女ロードツアー日誌 »