« 改めて。 | トップページ | 呪いのバトン *不幸の手紙系なので気にする方は見ないで下さいね;; »

2006年2月25日 (土)

青二の卒公

青二塾の卒業公演行ってきました。 一部が日舞、二部が音楽絵本、三部が芝居。 全部について語ると長くなるので三部について(^^ゞ

芝居は火の鳥の鳳凰編でした。手塚治虫の。 原作は小学生の頃に読んだきりなので、なんとなくしか覚えてないんですが、たぶん同じだと思います。

芝居内容よりまず強く感じたのが事務所への所属争い。青二のシステムを知らないので偉そうには言えないんですが、こういう発表の場が用意されてるって事は所属審査の一環にはなってると思うんですよ。マネージャーさんらしき人が生徒のプロフィール見ながら観劇してたし。配役 の時点でかなりハンデがあるなぁと。いくら良くても一言しかない役でアピールするのは難しいし、逆に長くしゃべらなければアラに気づかなかったかもしれないのにって人も。 まぁ、講師が決めるのかマネージャーが決めるのかは知らないけれど、配役自体、普段の生徒たちを見て決められているのでしょうけど(^^ゞ

で、そんな中、私は我王という役の男性と、ブチという名の女性が好きでした。キャスト順だと我王は男性の2番目、ブチは女性の2番目。でもブチは主役ってことでいいんじゃないかなぁ。動きはちょっとイマイチな時もあったけれど声だけを聴いてるととてもよかったです。 で、我王は、『茜丸と我王、火の鳥が紡ぐ二人の運命』というのがメインテーマだと 思うので、主役と言っていいのかな。でもやっぱり茜丸が主役かなという。 茜丸は活舌の甘さと、3回のトチりが気になりました。他の人は『ん?トチった?そういう台本かな』という程度のトチりだったんですが、この人は明らかに間違ったんですよね。セリフを間違ったこと自体より、間違った時の繋ぎ方がダメだなと^_^; 我王はすごくよかったと思います。醜い顔という設定のため素顔はよくわからず、表情を見られないのが残念でしたが。『巧いってのは全然褒め言葉じゃねーぞ』とよく講師に言われるのでこの言葉を使うのは気が引けるのですが、『巧いな』と。『ここでこうくるか!』という奇抜な 発想をするわけじゃないけど、淡々としたセリフも熱く伝えられるというか。

総じて、良かったです。我王とブチの芝居歴を聞いてみたい(^^ゞ

青二は全日制なんですよね。やっぱり憧れます、芝居漬け。

|
|

« 改めて。 | トップページ | 呪いのバトン *不幸の手紙系なので気にする方は見ないで下さいね;; »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17075/828853

この記事へのトラックバック一覧です: 青二の卒公:

« 改めて。 | トップページ | 呪いのバトン *不幸の手紙系なので気にする方は見ないで下さいね;; »